スレンダーだけど、ボディにメリハリが欲しい!I型タイプの特徴

メリハリボディのX型タイプ。

“ボン”・“キュッ”・“ボン”の素質あり!X型タイプの特徴

「メリハリが欲しい…」と華奢なカラダに悩みを抱えている女性は多い。この原因は骨格にあります!

アジアのモデルと欧米のモデルのスタイルが違うのも、骨格の違いの影響が多いいです。

スレンダーだけど、ボディにメリハリができにくいI型タイプ。

I型タイプの3つのバランス

まずは、あなたがI型タイプなのか?確認していきましょう!

胸の幅

最初のチェックポイントは胸の幅。

胸の幅は、バストトップ線上の肋骨(あばら骨)の幅です。

I型タイプの方は、

胸の幅が狭めになっています

ウエストの幅

次に確認していくのはウエストの幅。

ウエストはクビレているところの横幅を確認していきます。

I型タイプの方は、

ウエストの幅も狭くなっています

また、胸の幅>ウエスト幅もしくは、胸の幅=ウエストの幅の関係になっていて、胸の幅とウエストの幅はほとんど同じくらい狭くなっています。

骨盤の幅

最後に確認するのは骨盤の幅!

太ももの骨の大転子=“ポコ”っとなっているところの大きさを見ていきます。

I型タイプの方は、

骨盤の幅も狭くなっています

骨盤の幅=ウエストの幅=胸の幅となっていて、全体的に骨格の幅が狭くなっているのが特徴です。

3つの関係性をまとめると、

  • 胸の幅:狭い
  • ウエストの幅:狭い
  • 骨盤の幅:狭い

となっています。

I型タイプの特徴

3つのチェックポイントを見ていくと、I型タイプのカラダの特徴がわかってきます。

カラダの特徴

I型タイプのポイントは、

『全体的に骨格の幅が狭い』

ということです。

華奢に見えるため、“スレンダー”という特徴があります。全体的にくっきりしたボディラインというよりは、柔らかい感じのボディラインです。

ただ、全体的にサイズが小さくボディラインのメリハリがでないため、“くびれができにくい”という特徴もあります。

そのため、

  • 姿勢が悪くなると寸胴体型
  • 腹筋のトレーニングを間違ってしまうと寸胴体型

となってしまい、考えてエクササイズをしたほうが良いです。

太るときは、全体に脂肪がついていきます。

芸能人だと桐谷美玲さんはI型タイプになります。そのほかにも、日本・中国・韓国のモデルのように、細さを求められる仕事にはI型タイプが多いように感じます。

よくある悩み

I型タイプの特徴は、“華奢”ということです。

そのため、

「お尻にボリュームがほしい…」
「デコルテまわりにボリュームがほしい…」

といったサイズに対して悩みを抱えることが多いです。

そして“メリハリ”もでにくいため、

「くびれがほしい…」
「ボディラインにメリハリがほしい!」

といった悩みがでてきます。

I型タイプのボディメイク戦略

I型タイプに必要となるボディメイクは、

  • 体脂肪のコントロール
  • カラダが歪まないようにする
  • ボリュームをつくる
  • バランスよく鍛える

の4つが大切です。それぞれ確認していきましょう!

体脂肪のコントロール

まず気をつけたいのが、“体脂肪”です。

I型タイプの方はサイズが小さいため、お腹まわりに脂肪がついてしまうと

『ぽっこりお腹になりやすい』

ので注意が必要です!お腹まわりが目立ってしまいます。

カラダを整える

骨盤がゆがんでしまったり、姿勢が悪かったりすると体型が崩れてしまうため、寸胴体型になりやすくなります。

そのため、

  • お尻と内ももの筋肉を鍛える
  • 姿勢を維持する筋肉を鍛える

必要がでてきます。

ボリュームをつけてカラダにメリハリをだそうと、大きい筋肉ばかり鍛えがちですが…余計にゆがんでしまいボディラインが崩れる可能性があります。

まずは、カラダの骨盤、股関節、姿勢を整える“小さい筋肉”たちをしっかり鍛え、ゆがまないカラダづくりが大切です!

ボリュームをつくる

カラダの土台が整ったら、大きな筋肉をしっかり鍛えてボリュームをつけていきましょう。

とくに大切なのが、

  • 骨盤まわり
  • デコルテまわり

です。

骨盤まわりは、お尻の表面にある筋肉のトレーニングは必須です!

デコルテまわりは、胸や背中の筋肉をしっかりトレーニングしていきましょう。

表面にある大きな筋肉たちをしっかりトレーニングし、ボリュームアップすることにより、メリハリのあるボディラインをつくっていきましょう!

バランスよく鍛える

I型タイプは、上半身・下半身ともに小さくなっています。

そのため、

「ヒップアップしたいから、お尻のトレーニングだけ頑張る!」
「後ろ姿をキレイにしたいから、背中のトレーニングだけ頑張る!」

というのは要注意。

ヒップアップするかもしれませんが、下半身のサイズだけ大きくなり『下半身デブ』になる可能性があります。

背中がキレイな逆三角形になるかもしれませんが、上半身だけが大きくなり『イカツイ』感じになってしまいます。

鍛えるときは必ず、上半身も下半身もバランスよくエクササイズしてください!

注意点

I型タイプが気をつけなければいけない注意点がありますので、最後に確認していきましょう。

注意1:太ってしまう

太ってしまうと“お腹を中心”に丸みのある体型に変わってしまいます。

注意2:腹筋のトレーニング

間違った腹筋のトレーニングをしてしまうと、ウエストが横に広がってしまいくクビレがなくなります。そすると、寸胴体型になってしまいます…。

注意3:上半身だけ鍛える

上半身のトレーニングだけしすぎると、ボリュームがつきすぎてしまい逆三角形体型へと変わってしまいます。

注意3:上半身だけ鍛える

下半身のトレーニングだけしすぎると、下半身にボリュームがつきすぎてしまい下半身が強調される体型に変わってしまいます。、

I型タイプは、全体的に細いスレンダー体型でありますが、カラダの歪みや間違った腹筋トレーニングで寸胴体体型になってしまいます。カラダを整えてから、バランス良くボリュームをつけていきましょう!

まとめ

  • I型タイプの特徴は胸の幅:狭い、ウエストの幅:狭い、骨盤の幅:狭いと全体的に細いスレンダーなカラダが特徴。
  • まずは、大きい筋肉を鍛えではなく、カラダを整えるためにエクササイズが必要です。その後、上半身・下半身バランスよく鍛えていくことが大事です。
  • I型タイプは華奢なスレンダーボディ!しかし、ボディメイクを間違えると、寸胴体型になったり、逆三角形になったり、下半身が強調されたりするので、気をつけていきましょう!

 

 

追伸:

【体験や最新ボディメイク・栄養情報を配信】

〜友達追加していただいた方へ〜

“指4本分のO脚が指1本分になった”
お客様のホームエクササイズのコツをまとめた、
『美脚を作る2ステップ』
をプレゼント中!

PCまたはauでApple製品の方をお使いの方はID検索で友達追加
ID⇒@pap5029h
※@マークを忘れずに

 

“下半身太り”は骨格が原因?日本人に多いA型タイプの特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です