“下半身太り”は骨格が原因?日本人に多いA型タイプの特徴

スレンダーボディのI型タイプ。

スレンダーだけど、ボディにメリハリが欲しい!I型タイプの特徴

「足が太い……」と下半身の悩みを抱えている方は多い。その原因が骨格にあるとしたら?

くびれはできやすいけど、下半身太りに見せてしまうA型タイプ。

A型タイプの3つのバランス

まずは、あなたがA型タイプなのか?確認していきましょう!

胸の幅

最初のチェックポイントは胸の幅です。

胸の幅は、バストトップ線上の肋骨(あばら骨)の幅。

A型タイプの方は、

胸の幅が狭めになっています

ウエストの幅

次に確認していくのはウエストの幅です。

ウエストはクビレているところの横幅を確認していきます。

A型タイプの方は、

ウエストの幅も狭くなっています

また、胸の幅>ウエスト幅もしくは、胸の幅=ウエストの幅の関係になっていて、胸の幅のほうがウエストより少し広いか、同じくらいの大きさになっています。

ただ、どちらも狭めになっているのが特徴です。

骨盤の幅

最後に確認するのは骨盤の幅!

太ももの骨の大転子=“ポコ”っとなっているところの大きさを見ていきます。

A型タイプの方は、

骨盤の幅が広くなっています

骨盤の幅>胸の幅、骨盤の幅>ウエストの幅となっていて、骨盤の幅が1番広くなっているのが特徴です。

3つの関係性をまとめると、

  • 胸の幅:狭い
  • ウエストの幅:狭い
  • 骨盤の幅:広い

となっています。

A型タイプの特徴

3つのチェックポイントを見ていくと、A型タイプのカラダの特徴がわかってきます。

カラダの特徴

A型タイプのポイントは、

『骨盤が広い』

ということです。

骨盤がウエストよりも常に広いため、“くびれができやすい”という特徴があります。勝手にクビレができちゃうんです!

姿勢が悪くてもくびれは残ります。

トレーニングの方法や骨盤の形によって、くびれのカーブの感じは変わってきます。

また、骨盤がしっかりしているため、お尻にボリュームがでます!

ただ…、太るときは“太もも”や“下っ腹”に脂肪がつき、上半身には脂肪がつきにくいです

ちなみに、芸能人だと菜々緒さんや中村アンさんはA型タイプになります。と言っても、A型タイプの女性はとても多いです!

よくある悩み

A型タイプの特徴は、“下半身”にボリュームがあるということです。

そのため、

「お尻がもっと小さければな…」
「太ももがもっと細く…」

といった悩みを抱えることが多いです。

そして1番多い悩みが、

「痩せたのに…足は細くならない!」

といった“下半身変わらない問題”です。

A型タイプのボディメイク戦略

足を細くしたいときに考えなければいけないのが、

  • 細く見せる
  • 細くする

という2つの考え方です。

そこで、A型タイプに必要となるボディメイクは、

  • 上半身のボリュームアップ
  • 姿勢を整える
  • 下半身を引き締める
  • むくみ、セルライトのケア

の4つが大切です。それぞれ確認していきましょう!

上半身のボリュームアップ

まず大切なのが、

『上半身に目を向ける』

ことです。

A型タイプの方は、もともと骨盤にボリュームがあります。そのため、脚が太く見えやすい。

“足が細くなっても、細く見えない”ということです。

骨盤は歪みがとれれば多少サイズは落ちますが、極端な変化は難しいです。「骨盤のボリュームを落とす」という考え方は、美容整形などを行わないと…。

そこで重要なのが、小さい上半身にボリュームをつけて、下半身とのバランスを整えるということです。

「足を細くしたい!!」と思って下半身ばかりトレーニングしても、上半身と下半身のバランスは変わりません。

むしろ、下半身が肥大してしまい、より下半身太りが強調されてしまう可能性があります。

“もともと下半身が太く見える体型”というのを認識し、下半身だけでなく上半身にも目を向ける。

バランスが整うだけで、足が細く“見える”ようになります。

姿勢を整える

上半身にボリュームをつけるといっても、「じゃ、トレーニングしよう!」ということではありません。

まず先にやることは、

『姿勢をキレイにする』

ことです。

太もものサイズで悩んでいる方は、だいたいデコルテが落ちています。姿勢が悪いんです!

デコルテが落ちてしまうと上半身にボリュームがでないため、下半身がより太く見えてしまいます。

キレイな姿勢じゃなければ、キレイに筋肉もつきません!

  1. 姿勢を整える
  2. トレーニングでボリュームをつける

の順番で上半身はアプローチしていきます。

下半身を引き締める

上半身にアプローチし、下半身が細く“見える”環境を整えてから、下半身にアプローチをしていきましょう!

下半身が太くなる大きな原因は2つ。

  • 脂肪太り
  • むくみ、セルライ

です。

「筋肉がありすぎて…」という場合もありますが、かなりの“筋トレ女子”やなにか“競技”をしていない限りはうえの2つが原因です。

脂肪太りの場合は、シェイプアップが必要!

ただし、スクワットやヒップスラスト、ランジのような大きい筋肉を鍛えるだけでなく、お尻の奥や内ももの筋肉も鍛えていきます

それに、大きい筋肉ばかり鍛えてしまうと太くなる可能性がありますからね。

むくみ・セルライのケア

デスクワークなどの座りっぱなしだけでなく、立ちっぱなしも血流が悪くなり“むくみ”の原因になります。

そして、血流が悪くなってくると“セルライト”もできやすくなります。

浮腫みやセルライトに運動はもちろん大事ですが、

『食事』

も大切です。

もしあなたが運動不足なら、筋肉が使われないため血流が悪くなります。

もしあなたがタンパク質不足なら、足にたまった水分は戻りにくくなります。

もしあなたが「運動してるけど、マッサージはしてる!」場合は、素晴らしいです!ただ、マッサージではとれないものもあります。

注意点

A型タイプが気をつけなければいけない注意点がありますので、最後に確認していきましょう。

注意1:太る

太ってしまうと下半身に脂肪がつきやすいため、下半身が強調されすぎてしまう。

注意2:姿勢が悪くなる

姿勢が悪くなり、デコルテが落ちてくると上半身のボリュームがなくなってしまいます。そうすると、下半身がより強調されます。

注意3:下半身が冷える

“冷え”はむくみやセルライトの原因になります。そのため、血流を良くしていくことが大切ですが「毎日運動は…」という方は、お風呂に入って下半身を温める時間をつくってください

A型タイプは、骨盤が大きいためお尻のボリュームが作りやすい。ただ、その影響で「もともと下半身が太く見える」ことを頭に入れておき、上半身にも目を向けていきましょう!

まとめ

  • A型タイプの特徴は胸の幅:狭い、ウエストの幅:狭い、骨盤の幅:広いと下半身にボリュームのあるスタイル。
  • 気になる下半身にばかりではなく上半身にも目を向け、下半身と上半身のバランスを整えるようにする。
  • A型タイプは骨盤にボリュームがあり、キレイなヒップラインをつくれます!しかし、ボディメイクを間違えると、下半身太りが強調されてしまう…。

 

 

追伸:

【体験や最新ボディメイク・栄養情報を配信】

〜友達追加していただいた方へ〜

“指4本分のO脚が指1本分になった”
お客様のホームエクササイズのコツをまとめた、
『美脚を作る2ステップ』
をプレゼント中!

PCまたはauでApple製品の方をお使いの方はID検索で友達追加
ID⇒@pap5029h
※@マークを忘れずに

 

肩幅がひろく見えちゃう、V型タイプの特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です