検証!“キレイ”にはバランスが大事説、結論は『見た目』が大事!

「キレイになりたい」となんとなく思っていても、具体的にキレイになった方が良い理由って意外と思いつかないものです。

言葉にだそうとすると、難しくないですか?

でも、色んな視点から理由を考えて行くと、生きている上でキレイになることってとても大切。人生において3つの理由がなくなると思うと……。

キレイになる理由を考えた結果、『3つ』の答えがでた!

「キレイ」「美人」などは良いイメージで使われる言葉ですが、何がキレイで、何が美人なんでしょう。

あなたはどう思いますか?

個人的には、けっこう基準が曖昧だと思うんです。

見た目の話なのか、内面の話なのか。

今回は一般的に言われている“キレイ”とか“美人”に必要な要素を考えていきます。

キレイの要素

「あの人キレイ!」っていう意味には、見た目が大きく関係しているように感じます。その一方で、「見た目だけじゃない!」ともよく言われますね。

キレイは見た目?

人に対して「キレイ!」って言われるときは、

顔だったり、

スタイルだったり、

メイクだったり、

その他にも、ファッションだったり、姿勢だったり、足が細かったり。

人によって基準は様々、好みも様々ですけど、だいたいが見た目の感想で「キレイ」とか「美人」という言葉を使っています。

でも、「見た目よりも中身が大事!」っていう人がいるように、見た目だけが大事ってわけでもなさそうです。

キレイは中身?

見た目以外を大切にしている人がいるのもまた事実。

ただ、「見た目よりも中身が大事っていう人ほど、見た目を磨く努力をしていない!」と厳しい意見もあったりしますが、見た目以外も大事だと私は考えています。

例えば、

  • 健康
  • 言葉遣い
  • 性格
  • オーラ
  • などなど

見た目以外にも大事な部分はあります。

見た目が良くても、不潔だったり、不健康だったり、言葉遣いが悪かったり、性格が悪いと、「キレイ!」とか「美人!」という言葉は使いたくないですもん。

キレイはバランス!

そう考えると、「キレイ」や「美人」に必要なのは見た目と中身どっちも大事です。

どっちも大事というよりは、キレイにはバランスが必要なんです。

こんな感じです。

見た目だけでなく、中身だけでなく

『総合評価』

でキレイと判断されています。

そのため、何か1つの評価がずば抜けて高いというよりも、全体のバランスが大切で、全体が平均点以上になってくると「普通」から「美人」へとランクアップ!と周りから見られるようになります。

でも、やっぱり見た目が大事説

バランスが大事と言っても、ここで大きな問題がでてきます。

見た目が悪いと他に目を向けてもらえない問題

バランスが大事と言いながらも、ここで大きな問題にぶつかってしまいます。

それは、

ある程度見た目が整っていないと、他を見てもらえない問題

です。

例えば、

  • とても太っていて、姿勢が悪く、フケがあったりするんですけど、性格がすごく良い!
  • スタイルが良く、姿勢もピシッとしていて、清潔感がある。でも、性格が悪い……

どちらの人に好感が持てますか? かなり極端ですけど。笑

ある程度見た目が整っていないと、あなたの良い中身に目を向けてもらえない可能性があります。

外見はあなたの中身が現れたもの

一般的に中身が現われものが、見た目と思われています。見た目に気を遣えないと、他にも気を遣えないと無意識に思われがちです。

見た目が悪い料理は、食べてもらえないのと同じ。

あなたという存在を表しているのが、

『見た目』

です。

見た目は、あなたという存在を簡単にプレゼンテーションしている。

見た目は一次選考

一般論から考えると、見た目よりも中身が大事ってことはないですよね。

中身ばっかり磨いていても、外見が整っていないと見てらえない可能性が高くなってしまいます。これはせっかく磨いているのにもったいない!

見た目を整えることで、中身に目を向けてもえる可能性が高くなります。

そう考えると見た目は、受験勉強でいうところのセンター試験、就職活動でいうところの書類選考、仕事でいうところの企画書的な感じ。

まさに、

『一次選考』

です。

見た目が大事

あなたの中身が良いからこそ、見た目も気にしたほうが良いと思うんです。

ただ、持って生まれたルックスが重要ではないと思うんです。

見た目を整える気持ち、心遣いが大切。

きっと、

『キレイのスタートは見た目を整えること』

なんです。

しかし、自分の見た目を諦めてしまったり、ほかのことに目がいってしまったり、自分と向き合うのが嫌になってしまったり。

見た目っていうと、持って生まれた才能のように捉えてしまいがちですが、誰でもランクアップさせることができます!

そのために必要なことは、誰かに憧れたりすることじゃなく、世間一般がイメージするキレイにあなたを当てはめることでもないんです。

私もずっと勘違いしていました……。

 

まとめ

  • 「キレイ」や「美人」は見た目の問題だけでなく、外見と中身のバランスが大切
  • しかし、中身だけ磨いても、外見が整っていないと中身を見てもらえない。
  • 見た目は一次選考であり、キレイのスタート

 

 

追伸:

【体験や最新ボディメイク・栄養情報を配信】

〜友達追加していただいた方へ〜

“指4本分のO脚が指1本分になった”
お客様のホームエクササイズのコツをまとめた、
『美脚を作る2ステップ』
をプレゼント中!

PCまたはauでApple製品の方をお使いの方はID検索で友達追加
ID⇒@kimura
※@マークを忘れずに

 

意外と気づかない、キレイになるための『3つ』のステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です