意外と気づかない、キレイになるための『3つ』のステップ

「キレイはバランス!」だけど、見た目が悪いと結局は他を見てもらえない……という問題があります。

あなたの中身が素敵だから、あなたの見た目も整えておくことが大事。

⇒検証!“キレイ”にはバランスが大事説、結論は『見た目』が大事!

そして、意外と気づいていないというか、勘違いしている人が多いと感じるのがキレイになる方法です。

すぐにキレイになろうとしちゃダメですよ!

何事もステップがあり、キレイになるために必要なステップは3つあります。1つずつご紹介させて頂きます。

ステップ1:自分に無関心→気づく

私もそうですが、ほとんどの人は何かをする時に方法を探してしまいます。でも、これって実は大きな間違い。方法を探す前に必ずやらなければいけないことがあります。

キレイの反対

キレイの反対はなんだと思いますか?

思いつきやすいのが「ブス」でしょうかね。辞書で調べてみると、漢字の綺麗の反対は「汚い」です。そのほかにも、醜いとか、ブサイクとか色々な言葉を思い浮かべるかもしれません。

でも、私はどれも違うと思います。

キレイの反対は、

『無関心』

だと考えています。好きの反対は、嫌いではなく無関心!というのとちょっと似てますね。笑

でも、やっぱり無関心だと思います。

自分に無関心な人が、「キレイになりたい!」なんて思うわけがないんです。痩せようとか、オシャレしようとか、パーマかけようとか、思わないと思うんです。

自分に目を向ける

そう考えていくと、キレイの反対はやっぱり無関心。

そのため、まず1番最初にやらなければいけないことは、自分に目を向けることです。

私たちはまわりにばかり目がいってしまい、他人の批評ばかり。肝心の自分は棚に上げられていて、自分のことを正確に把握できないでいます。

他人の観察はしても、自分のことを鏡でゆっくり見たりはしません。

そうなんです、自分に対しては

『見て見ぬふり』

をしてしまっています。

自分に気づく

他人の視線や他人のことは気になるのに、意外と自分に無関心で、自分の現状を見て見ぬふり。

あなたをブスにしているのは、あなた自身が自分に無関心で目を背けていたことが原因。自分のことをわかっていなかったんです。

だから、まず始めなければいけないのが、自分に関心を持つこと、自分に興味を持つこと。

『自分自身に気づくこと』

なんです。

自分自身に目を向ければ色々な気づきがあるはずです。一度、鏡の前で全身をゆっくり観察してみてください。

ステップ2:コンプレックス→キレイへのスタート

自分に目を向けてみると、気づきたくなかった部分も色々でてくるかもしれません。いわゆる、「コンプレックス」というやつです。

でも、コンプレックスって大事です。

コンプレックスに気づく

自分のことを鏡で見ていると、

「もっとお尻がな……」
「もっと足がな……」
「もっとウエストがな……」
「足首欲しいな……」
などなど。

自分のカラダの満たされない部分=コンプレックスに気づいてしまいます。人と違うと感じたり、自分の欠点と感じたり、感じ方は人それぞれ。

“コンプレック”という言葉にあまり良いイメージはないと思いますが、コンプレックスってとても大事です。

コンプレックス=弱点

コンプレックスは言い方を変えると、自分の弱点のようなもの。ちょっと人から隠しておきたい部分。

これがあると少し後ろめたさがでてしまうため、その人の魅力は少しばかり減ってしまうように感じます。でも、コンプレックスというのは自分の改善すべき点、自分がキレイになるためのポイントです!

「自分に興味を持ったら、嫌なところでてきちゃった……」で良いと思うんです。

その嫌なところこそ、あなたことをさらに魅力的にさせるポイントです。

キレイな人を真似るよりも、あなたのコンプレックスを改善する方がキレイになりそうじゃないですか?

自分は自分、他人は他人。キレイな他人を真似たところで、同じようになるとは限りません。それは、あなたには必要のないことかもしれません。

でも、コンプレックスはあなたが解決すべき、あなたの課題!

コンプレックスはスタート

コンプレックスという自分の弱点がわかれば、それがあなたをキレイにさせるスタートラインです。

ブスから始める、あなただけのシンデレラストーリー

「コンプレックス……」

と悲観してしまう気持ちもとってもよくわかります。でも、その課題にしっかり取り組むことができれば、あなたは確実に変わることができます。

変に自分に自信を持って世の中の情報に振り回されている人よりも、コンプレックスを認めている人の方が変わるのが早い!

自分のことに目を向けず、方法ばかり漁っている人に比べれば……とても素敵です。

ステップ3:自分の理想(キレイ)状態を知る→自己満足

自分に関心を持ち、自分のコンプレックスに気づいたら、次に知らなければいけないのが理想の状態。

「自分はどうなったら理想的なのか?」自分の理想の状態がわかっていることが大切です。

自分の理想がわからない

コンプレックスがどう変わったら、自分の理想の状態ですか?

例えば、

「足が細くなりたい」
「ヒップアップしたい」
「ウエストを細くしたい」
などなど。

太さの問題を抱えている方は多いですよね、私のお客様にも多いです。こういう悩みを抱えている方に、私は必ず同じ質問をしています。

それは、

「何センチにしたいですか?」

と具体的に聞いています。

意外や意外、ほとんどの人が答えることができません。「細くしたい!」とは思っていても、自分がどれだけ細くなったら良いかわからないんです。

自分の理想を知る

細くなりたいと思っていても、実際に何cm細くしたら良いかってあまり考えないですよね。

結果として「◯◯cm細くなりました!」ということはあっても、狙って「◯◯cmまで細くしましょう!」ということはあまりないです。

私も以前はそんなこと考えていませんでした……。

「5kg痩せたい!」と決意して実際に痩せても、

  • 足は太いまま
  • デコルテがげっそりしたり
  • くびれができない
  • などなど。

痩せるだけでは自分の理想の状態に届かない、なんてこともあります。

これも全て自分の理想の状態がわからないから。

自分の理想の状態を知りましょう。

ボディメイクの場合、自分の理想を知るために必要なのは、

『黄金比』と『体型タイプ』

です!

自己満足から自信へ

自分の理想の状態がわかったら、それを叶えるための方法を探す必要があります。こればっかりは願うばかりでは叶わないので、必ず行動が必要になってきます。

できるだけ失敗したくない人は、自分で調べるだけでは限界があるのでプロの手を借りましょう。他の人の脳みそを借りると、色んな発見があります!

そして、理想の状態を叶えられた自分に満足=自己満足が大切になってきます。

行動の結果手に入れた自己満足は必ず、

『自信』

となってあなたを支えてくれます。

キレイになるためには、

  1. 自分に目を向ける
  2. コンプレックスに気づく
  3. 自分の理想状態を知る

ことが大切になってきます!

まとめ

  • キレイの反対は無関心。自分に目が向いていない間は、なかなか変わることはできません。まずはしっかり自分に目を向けていきましょう!
  • 自分に目を向けていくと、コンプレックスに気づきます。でも、コンプレックスはキレイへのスタートです!
  • コンプレックスに気づいたら、自分の理想の状態を知る必要があります。自分の理想に向かって方法を探し、行動にうつしていきます!

 

 

追伸:

【体験や最新ボディメイク・栄養情報を配信】

〜友達追加していただいた方へ〜

“指4本分のO脚が指1本分になった”
お客様のホームエクササイズのコツをまとめた、
『美脚を作る2ステップ』
をプレゼント中!

PCまたはauでApple製品の方をお使いの方はID検索で友達追加
ID⇒@kimura
※@マークを忘れずに

 

「ありのままで良い」という罠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です